8月 箴言29章〜イザヤ書8章

執筆:鹿児島教会 齋藤 智惠子(さいとう ちえこ)

 神が支配される世界は調和がとれ、穏やかな平和な世界でしょうか。しかし、私たちの住んでいる世界は、人が人を支配し、紛争や戦争をもたらし飢餓をもたらす不条理な世界へと進んでいます。神に立てられた、平和を求めるリーダーが必要です。自らを神のようにふるまう悪しき独裁者は、やがて神に裁かれます。

調布教会と文延翼牧師、岡田千尋協力宣教師(東京・調布市)

 神がなされたすべてのことを私たちは理解することはできません。時にはむなしさや怒りで心がふさぎますが、私たちの悩みはどこか自分中心なのです。今あなたに起きている理不尽なことにも主に助けを求め、自らの平安をいただくことです。主が共にいてくだされば、小さなことにも喜べます。主を求めよ! 朝ごとに。

府中教会と長尾なつみ牧師(東京・府中市)

 将来をあれこれ思い煩っても、私たちは明日のことも知る事はできません。主イエスは「明日のことを思い煩うな」と、私たちの明日を引き受けてくださいます。主から平安が与えられると、‟ 貧しきものは幸い”なのです。富を愛する者は「もっともっと」と富を求め、そして奪われることを恐れます。そこに平安はありません。

花小金井教会と藤井秀一牧師、中根浄牧会スタッフ(東京・小平市)

TOP